記事一覧

効率よく調査できます

工事現場

小規模建築に向いています

建築物は基礎がしっかりしていないと丈夫な建物は作れません。基礎作りは整った地盤に建ててこそ成立します。更地になった土地は、建築物に見合った地盤であるかしっかり確認が必要です。地盤調査は既存の建物を解体しないと地盤改良の必要があるか調べる事ができません。通常の調査は四隅と中央部分を調べる事で、土地全体の地盤が確認することができます。調査方法には超音波を使用して地中の固さを探り、2メートルから8メートル以内にある軟弱地盤の場合には、柱状改良工法と呼ばれる杭を打ち込んで軟弱地盤を改良していく方法などがあります。この調査方法は準備に手間が掛かり、建築物を完成させるまでの納期にも影響を与えます。小規模の建築物の場合には平板載荷試験と呼ばれる調査方法が向いています。この平板載荷試験は、比較的簡単にそこに建てたい建物の重量に地盤が耐えられるか確認することができます。まずは更地になった地盤を水平に保ち、直径30センチほどの鋼板を置きます。その上に建物と同等の重量を加重して沈下量を確認します。載荷板は水平に配置しないと傾いた方へ傾くので正確に測ることができません。基礎を作るために掘削した地表は水平に保たれてなければなりません。平板載荷試験で加重する重りに現場で使用している重機やトラックなどを使用します。準備にも手間が掛からず、短期間で調査結果が得られるのが平板載荷試験の特徴です。建築納期の短縮化にも繋がり、比較的規模の小さな建築に向いた地盤調査といえます。