記事一覧

他の試験と比べた特徴

作業員

試験の長所とは

平板載荷試験とは、主に円形の板に重機などで直接荷重をかけ、地盤の支持力をはかる試験のことです。建物を建てるとき、建物を支えるのに十分な力があるかを確かめるために行われます。基礎部分に大きく関係してくるため、基礎を構成する深さまで掘ってから平板載荷試験を行うのが通常です。地盤の強度や状態を確かめる試験には、ボーリング調査やスウェーデン式サウンディング調査などがありますが、平板載荷試験の長所は直接地盤の支持力が確かめられる点にあります。他の試験では、地下水の有無や土層の様子、土質などから概略的に支持力を推測するしかできません。そのため、実際の支持力をはかる試験としては弱いといえます。一方平板載荷試験ならば直接荷重をかけて実際にどれくらい沈むかを見ることができるので、支持力の有無を確実に確かめることができます。ただ、平板載荷試験の結果は深さは使う平板の二倍程度までしか適用できないこと、試験に広さが必要でありやや大掛かりになるなどといったデメリットもあります。そのため、他の試験と平行して行い、総合的に試験結果を見ることが大事にもなってきます。深さを連続的にチェックしたいのならばスウェーデン式サウンディング調査を、土質の確認をしたいのならばボーリング調査を平行して行い、より確実な地盤確認を行うのが重要です。調査結果をしっかり分析できるかもポイントとなるので、実績がある業者に依頼するのも重要です。