記事一覧

安全を心がけている

工事現場

正確なデータが欲しい時は

平板載荷試験とは、地盤調査の一つです。平板載荷試験とは、必要な深さまで掘削し、小さめの銅板をそこに置いて実際の重さに見合う荷重をかけてどれだけ沈むのかを計測する事を言います。平板載荷試験をする事でその土地が本当に安全なのかどうかチェックできる仕組みになっています。建物を建てる際に欠かせない試験です。短時間でその土地がどれだけ丈夫なのか確認できるメリットがあります。平板載荷試験をきちんとせずに建築をしてしまうと、建てて数年後に建物に異常が出てしまう可能性があります。早い場合で一年も立たないうちに建物に異常が出たというケースもあります。この試験をちゃんとする事でこうしたトラブルを未然に防ぐ事ができます。そんな平板載荷試験をしたい場合は、専門の業者に頼みましょう。業者は土地や建物に関するスペシャリストです。安全に試験を行い、正確なデータを取っています。業者では、どういう建物を建てるのか、規模はどのくらいなのか等きちんと把握した上で試験を行います。また、その土地がどういう地層なのかチェックし、その地盤の代表とも言える場所を地点を的確に選び試験を行います。ですので、危険な試験を行う事やデータにミスが出る事は絶対にありません。平板載荷試験をする際に使う道具等はきちんと水平に置くので、試験をした後地盤が乱れてしまう心配は必要ありません。業者では正確なデータを取るために細かな手順をいくつも踏んでいます。