重機

豊富な実績の業者を選ぶ

平板載荷試験を実施してもらう業者を選ぶときには、豊富な平板載荷試験の実績がある業者を選ぶようにしてください。また平板載荷試験は下の方の地盤は結果から知ることができないため、豊富な地質データを持っている業者を選ぶようにしてください。

記事一覧

工事現場

安全を心がけている

平板載荷試験は、土地を掘削して荷重をかけ、どのくらい沈むのか測る事を言います。この試験をしっかりと行う事で安全に建物を建てる事ができます。専門の業者ではプロフェッショナルがきちんと手順を踏んで試験をしています。

作業員

他の試験と比べた特徴

平板載荷試験は地盤の支持力を直接確認できる点に大きな魅力があります。ただ深さに制限がある、大掛かりな試験となるなどの特徴もあるので、他の試験も平行して行い、総合的に確認するのも重要です。結果の分析がうまいかもポイントとなります。

作業員

地盤の強度を測ろう

平板載荷試験は国土交通省が認定した信頼性の高い検査です。平板載荷試験で基礎・地盤に関する構造計算をすることで地盤がしっかりした上に耐震構造の建築物を建てることも可能になります。災害に強い地盤を選ぶことで市民生活にも安全が確保されるのです。

工事現場

効率よく調査できます

小規模の建築物を建てる時にも地盤調査が必要になります。効率よく地盤を調べる方法に平板載荷試験があります。基礎となる地表を水平に保ち載荷板を設置したら、建物と同等の重量を加えて沈下量を調べます。建築納期の短縮化にも繋がる便利な地盤調査です。

地盤の強さを確かめる試験

作業員

安全に土地を使うためには

新たに土地を使う時は、事前に地盤の強さなどを試験しておいて、使用しても問題ないことを確認しておかなくてはなりません。試験方法にはいくつかの種類があり、目的や試験対象に応じて、適切な試験方法が採用されますが、変形や強さなどに関する地盤の指示特性を試験する際には、平板載荷試験が用いられます。平板載荷試験は、直接地表面に段階的に荷重をかけて、変位を測定する試験です。時間と共に、どのような地盤が変化するのかを調査することで、その地盤の上に構造物を建設しても大丈夫かが判断できます。具体的な平板載荷試験方法は、地面に設置して荷重をかける積荷板の大きさや直径などが明確に決められていますし、積荷板の設置に関しても一カ所応力が集中しないように、地盤に対して水平で一様に密着するように設置しなくてはなりません。試験する場所についても、構造物の種類や地盤の土層構成などを検討して、適切な地点を選ぶ必要があります。正確に平板載荷試験をすることで、極限支持力度や地盤反力係数などの地盤の支持特性が得られます。特に少しずつ荷重を増やして、突然変位が大きくなるところを表す極限支持力度は、地盤の強さを示す重要なデータです。これからの平板載荷試験によって得られたデータを、地盤の許容応力度を計算する式に適用して、その土地の強さを評価します。正しい平板載荷試験と計算を行うことで、その土地の強さに応じた適切な使用方法が明確になり、安全な状態で使用できるようになります。